Navi

10.19.2012

【メディカルアロマレシピ】妊婦さんとアロマテラピー Maternité & Aromathérapie (フランス・バジリコ編)

フランス産バジリコ精油は、他の国からきたバジリコと違ってメチルカヴィコールを含んでいないため、薬の使えない妊娠中のSOS精油として役立ちます。
使用する主な症状は以下の通り。

●足のつり
(夜中に頻繁に起こる足のつりは、ツライですよね~。妊娠後期は日中でのちょっとした筋肉の動きによっても起こります。)

●胃や尿器官の痙攣

●偏頭痛(これには大変効果があります)

●うつ、不安症など精神を安定させます

●つわり

●乗り物酔い


バジリコは肌に直接付けると、肌荒れを起こす場合があるので、必ず5/1以上に希釈します

※内服する場合は、妊娠4ヶ月を過ぎてからOKです。(一日2~3回)

↓↓プラナロム精油の購入はコチラからどうぞ↓↓
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
★クリック応援していただけると嬉しいです(*^^*​)/♪