Navi

3.05.2014

アロマテラピーを花粉症対策に! L'allergie au pollen


春が近づき心浮き立つ季節になりましたが、春の嬉しい到来とともに、この時期は《花粉症》の困った季節でもあります。

以前、アレルギーのお話しでもお伝えしましたが、年々花粉アレルギー の人口が世界全体でも増えています。

鼻水、くしゃみ、赤い目......など不快な症状がでる花粉症は、気持ちのよい春の暖かさ穏やかな日になると、また急激に増えるやっかいなアレルギーです。

花粉症の予防に役立つ精油は、“タラゴン”  (ラテン語:artemisia dracunculus) です!



タラゴンの持つ特有の優れた抗ヒスタミン作用が、この季節のアレルギー(花粉、ホコリ、アレルギー性喘息)を抑えて予防してくれます。

ジルテックと呼ばれる強い合成化学的薬品ほど即効作用はありませんが、自然療法愛好者の多くのアレルギー患者を助ける救世主的な存在です。


プラナロムのドクターBaudouxおすすめの摂取方法は、以下の通りです。



その1.小さくちぎったパンに、直接ケモタイプのエストラゴン精油を2滴付けて食べます。

その2.スプーン一杯のオリーブオイルに、ケモタイプのエストラゴン精油を2滴加えて飲みます。

その3.精油カプセルのサポートに入れて、2滴ずつ飲みます。

できるだけ花粉症の時期が始まる3週間ほど前から、一日2回摂取することがお薦めです。


※妊娠中はタラゴン精油のご使用はお控えくださいね。



にほんブログ村 健康ブログ メディカルアロマテラピーへ
にほんブログ村
クリック応援していただけると、嬉しいです(*^^*)/

♪これからも、自然療法でみなさまのお手伝いをさせていただけたら幸いです♪