Navi

2.28.2015

フランスの花粉症ケアご紹介 l'allergie au pollen 2



パリで開催された自然療法学会のアレルギー対処法のセミナーへ参加してきました。
アロマテラピーが医療で治療の目的として使われるフランスならではの、
実践的でとても興味深い内容にわくわくしました!
 
現代の生活環境と習慣の変化から、アレルギーにかかる人口が急増しているとのこと。
フランス人は4人に一人が花粉症の影響を受けているそうです。
その数値は20年前の約7倍であるとか!
 
そこで、精油を使って花粉症をケアする方法を受けたので、
一部簡単にできるレシピをご紹介します。
かかってしまう前からも、かかってしまった後も、
症状やご自分のお好みの方法でお試しいただけます
 
------------------------------------
<タラゴン精油1本で簡単ケア!>

タラゴンはアレルギー反応の症状を制御する抗ヒスタミン治療によく使われる精油です。
喉の奥や気管支のかゆみや炎症を軽減してくれます。
 
★使用方法その1:
タラゴン精油を1滴、13回、はちみつや角砂糖に加えて直接口の中で溶かします。
または2滴をハンカチやマスクに付けて呼吸。
 
★使用方法その2:
食用のオリーブオイルや、ヒマワリ油等にタラゴン精油を40滴ほど注ぎ、
サラダのドレッシングとして使用できます。
 
※ご注意:タラゴン精油は、妊娠期間中、授乳期間中の方、3歳未満のお子様には適していません。
 
------------------------------------
<カモミールローマン精油1本でケア!>
 
2歳以上のお子様や妊娠中、授乳中でもお使いいただけ、しかもアレルギーによる肌荒れをいたわり、
リラックス効果で精神面にも効くのが、カモミールローマン精油です。
タラゴン精油と同じく優れた抗真菌、抗炎症作用があります。
 
 
------------------------------------   
<タラゴン精油とラヴィンサラ精油2本でケア!>
 
鼻水がつらいなどの症状がある方には、抗アレルギー、抗炎症の精油タラゴンに加えて、
去痰、鼻水を停止するラヴィンサラ精油を追加します。
2種を1滴ずつ混ぜ、鼻、胸と背中上部に適用し、マッサージしたり、
ハンカチやマスクに付けて呼吸します。
 
※ご注意:
・上記すべての方法は、数ヶ月間行う場合は、3週間毎に一回、1週間だけ摂取しない期間を与えます。
 
------------------------------------
<お部屋でディフューザー>
 
・ニアウリ…10ml (鼻づまり、喉の浄化に役立ちます)
・ユーカリ・ラディアータ…10ml  (抗炎症、鼻づまり、喉の痛み・かゆみ緩和に)
・レモン…10ml (抗菌、肝臓の汚れ除去)
 
★精油3種をブレンドし、ディフューザーに20滴を注ぎ、20分間を13回。
 
------------------------------------
<マッサージオイル>
 
・ニアウリ…5滴  
・タラゴン…5
・ペパーミント…2
・ローマンカモミール…2滴 
・カロフィラオイル…30ml(抗炎症、防腐剤オイル)
 
これらをブレンドし、1日2~32滴ずつを、鼻、胸と背中上部に適用してマッサージします。
鼻づまりをなだめ、呼吸を楽にしてくれます!
 
:*::*::*::*::*::*:☆



にほんブログ村 健康ブログ メディカルアロマテラピーへ
にほんブログ村
クリック応援していただけると、嬉しいです(*^^*)/