Navi

12.15.2015

認知症におすすめのアロママッサージ! ~最新フランス式アロマテラピー情報~ Massage

フランスでの認知症治療に活用されているアロマテラピーのうち、
『マッサージ』はとても簡単に、誰にでもどこでもすぐに行うことができる方法です。

マッサージのリラックス効果、気持ちよさが、不安ストレスを緩和させ、
精神面での認知症の予防と改善になります。

また、マッサージによる『血流循環の改善』で、脳の血管に流れる血流を良くして、
脳に栄養を与え、認知症の症状が悪化するのを防ぎ、
『脳のアンチエイジング』にもなるという利点もあります。

そのままやさしく触れたりするだけでも、スキンシップによりリラックス、
リフレッシュできます。

マッサージって、する方もされる方も癒やされるから、不思議ですよね^^

『アロマテラピー』を採り入れたマッサージをすることにより、
さらに認知症の改善に重要なカギとなる『五感』を刺激することにもなるので、
進行を防ぐにはとても効果的といえます。

そこで、

認知症の方におすすめのマッサージオイルのレシピをご紹介。

-----------------------------------------
◎リラクゼーション

◆カモミール・ローマン     

◆真正ラベンダー        

◆プチグレン精油 

-----------------------------------------

<作り方>
これらの精油10滴ずつを、植物性キャリアオイル10mlとブレンドしてできあがりです。


ご高齢の方におすすめのキャリアオイルは、こちらです。

◆スィートアーモンド

◆小麦胚芽オイル(ウィートジャームオイル)

◆へーゼルナッツオイル


お肌に刺激となる精油、キャリアオイルは使わず、
農薬の入っていない品質の安全な、『オーガニック』のものをお選びください。

通常、ご高齢者の皮膚に塗布する精油の割合は、キャリアオイルに対して510%、
最大15%までです。
それ以上の分量だと、皮膚の刺激となり肌荒れを引き起こす場合がありますので、
ご注意くださいね。

お身体の具合によって、手や腕、脚、足の裏、肩、首、頭などのマッサージに
ご利用いただけます。

心地よい香りが大脳辺緑系から視床下部に伝えられ、
自律神経やバランスを整えてくれるとともに、
皮膚からも成分が浸透し、気持ちが落ち着いたり、元気になったり、
ストレスが緩和され、老廃物を処理し、血液の流れを良くしてくれます。

週に数回がおすすめ。リラックスした雰囲気の中で、楽しく行いましょう

   .*.:*:・。:*:・。★*.:*

マッサージをする場合は、必ず事前にお身体の具合をお伺いするのですが、
中には、リウマチや、神経痛など、様々な痛みの症状をお持ちの方もよくいらっしゃいます。

そこで、リウマチ、間接炎、肩こり、膝痛、腰痛、神経痛などの各種痛みの緩和に使われる精油も知っておくと便利ですよ。


-----------------------------------------
◎抗リウマチ マッサージオイル
(炎症のない慢性リウマチや、変性関節炎に。

バジル
レモンユーカリ
マジョラム
ペパーミント
プチグレンレモン

-----------------------------------------
◎抗炎症リウマチ マッサージオイル
(炎症のある急性及び、慢性の関節炎症状に。)

ティーツリー
シトロネラ
レモンユーカリ
ユーカリラディアータ
真正ラベンダー
ラベンダースーパー
ペパーミント
ローマン・カモミール
プチグレン

-----------------------------------------
◎鎮痛用マッサージオイル

グローブ
真正ラベンダー
ラベンダースーパー
ペパーミント

-----------------------------------------

同じく、必ず割合を守ってキャリアオイルと希釈して用います。

それから、マッサージは強く圧力をかけすぎないことが基本です。
気持ちがよいと感じられる強さ、速さには個人差があるので、
ご本人にとって一番よい方法をききながら行います。

マッサージの姿勢は、快適な椅子に、直座の姿勢が提唱されています。
頭が枕によって支えられるとよりベストです。


ご家族や周りの方に、ぜひ活用してみてください!

言葉はかわさなくても、タッチングによって伝わる心もたくさんあります(*^^*)


アロマを毎日の生活に活用して、楽しんでいただけたら幸いです。

寒くなりました。
どうぞご自愛いただき、素敵な一週間をお過ごしくださいませ。

.:・★.:*・☆.:*.:*・★.

 
にほんブログ村 健康ブログ メディカルアロマテラピーへ
にほんブログ村
クリック応援していただけると、嬉しいです(*^^*)/
★情報発信★ フランス発オーガニック&メディカルアロマ専門店
 

12.06.2015

認知症の予防と改善に活用するアロマテラピー





本日のテーマは、高齢者の認知症予防と改善のためのケアです。

フランスは、日本に続いて世界第二位の長寿国です。
高齢者の増加とともに、認知症は日本と同じく身近な病として対策課題となっています。

アロマテラピーを医療行為として位置づけ、認知症の予防・改善のための研究も盛んで、
より安全で確かな治療効果を上げる精油の成分や効果に関する研究が行われ、
実際にアロマテラピーが、高齢者の認知機能を向上させることができると研究結果により実証され、
注目を集めています。

ご本人にとっても、ご家族や介護される方にも日常生活が快適に暮らせるようにしたいものです。

できるだけ早期発見し、薬物療法に頼らないで症状を和らげることができることが理想的ですが、
現地の介護センターで、実際に体験していることがみなさまのお役に立てたらと願いまして、
このテーマをご紹介させていただこうと思いました。

 .*.:*:・。:*:・。★*.:*

認知症は、記憶に関係する脳の神経細胞の働きが鈍くなったり、働かなくなったりする病気ですが、
放っておくと症状がエスカレートし、もとの状態に戻す根本治療薬は、現在まだみつかっていません。

フランスでは、認知症の予防、改善のための治療に、アロマテラピー(芳香療法)、光療法、音楽療法、動物療法などが<非薬物療法>としてよく使われています。

特にアロマテラピーは、記憶に関わる『海馬』を嗅覚から活性化できるようになるため、
認知症の症状の特徴である記憶力の低下、意欲の低下、睡眠障害、焦燥感、うつや不安や感情的な障害を軽減し、実際に認知機能の改善を可能にする方法として活用されています。

すでに海馬にダメージを受けている、嗅覚の機能に障害があって、
香りがわからない・・・という方もいらっしゃいます。その場合には、他の療法が使われます。
特に認知症の中でも一番多いとされる、アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症のケアについての情報を中心にご紹介したいと思います。


治療の方法をざっとあげてみますと・・・

ディフューザー

抗ストレスのみでなく、抗感染の目的でも、フランスでは介護センターだけでなく、病院の回復室や、待合室、がんセンターなどで精油のディフューザーが使用されているところも多くあります。
また、ご自宅のリビングや、ベッドルームにも。


不安症状を減少させるためのマッサージ

精油を使ったハンドマッサージは、アルツハイマー型認知症の方の不安を和らげることができる方法として使われています。脳を刺激して安心感を高めることができます。
手をほぐすと気持ちもほぐれ、手、指先の刺激が脳の刺激となります。

リフレクソロジーや部分ボディマッサージも。

アロマバス
手・足浴、全身浴。


タラソテラピー(海洋療法)、スパ、ハマムなど。
アロマオイルを活用しています。


また、高齢者の衛生方法スキンケア床ずれのケアなど、、直接認知症の予防としての使用目的ではありませんが、精油が大いに活用されています。


いろいろあって長くなるので、今日はまずディフューザー(芳香浴)からご紹介したいと思います。

体力が弱い高齢者は、精油によって副作用を起こす場合もあるため、
より安全で確かな治療効果を上げるために、精油の成分や効果を理解しながら行う事が大切です。

日本のメディアで紹介されている認知症のためのディフューザー「朝のレシピ」に、ローズマリー・カンファーの精油がレモン精油とのブレンドに用いられていましたが、
フランスでは、ローズマリー・カンファーは、高齢の方、特に高血圧の方、お子様、妊娠中、授乳中の方には、副作用や悪影響を与える可能性があるため、すすめられていない精油となっています。

実際には呼吸器系にもやさしい、ローズマリー・シネオール精油(学名:Rosmarinus officinalis)の方が使われています。

日本で紹介されている認知症ケアのための精油は数が少ないですが、
フランスで、基本的な認知症ケアに統合される代表的な精油は、これくらいあります。

◆真正ラベンダー
◆プチグレン
◆スィートオレンジ
◆マンダリン
◆レモン
◆ゼラニウムブルボン
◆カモミール・ローマン
◆バニラ
◆シナモスマ・フラグランス
◆イランイラン
◆ローズマリー1.8シネオール

たくさんありますよね!


~★~★~★~<ディフューザーレシピ>~★~★~★

◎記憶に関わる『海馬』を嗅覚から活性化させる目的で、
目覚め、記憶力や集中力のアップにお使いいただけるレシピ

<朝>
レモン精油   2

◎リラックスの副交感神経を調節し、不安、うつ症状、不眠を改善するためのレシピ

<夜>

※お昼寝は認知症のエスカレートする原因ともなる血糖値を調節してくれるので、
不眠の場合は夜だけでなく、日中リラックスしたい時間にもお使いいただけます。


☆お得なプラナロム精油4点セットもあります☆
【プラナロム】脳の活性化、認知症対策に <有機BIOグレード>


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
◎過度のストレスに

イランイラン  4


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
◎不安やうつ症状に (より高度な内容です)

※ご自宅だけでなく、病院の待合室などにも使うことができるレシピです。

イランイラン   1
真正ラベンダー  3


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
◎疲労には・・・


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

香りが薄いという方は、23滴追加してもOKです。
それ以上はキツくなりますので、おすすめしません。

それから、認知機能改善のための必須栄養素『オメガ3』の摂取もお忘れなく!
当店ではプラナロム社のオメガ製品を販売しています。

これらレシピはご自宅でも簡単にとり入れることができますので、
ご家族やお知り合いの方にもどうぞお試しくださいね^^

次回は、マッサージを中心にお伝えします!
どうぞ、お楽しみに
  
素敵な一週間をお過ごしくださいませ。

 .*.:*:・。:*:・。★*.:*

にほんブログ村 健康ブログ メディカルアロマテラピーへ
にほんブログ村
クリック応援していただけると、嬉しいです(*^^*)/
★情報発信★ フランス発オーガニック&メディカルアロマ専門店