Navi

10.19.2012

【メディカルアロマレシピ】妊婦さんとアロマテラピー Maternité & Aromathérapie (フランス・バジリコ編)

フランス産バジリコ精油は、他の国からきたバジリコと違ってメチルカヴィコールを含んでいないため、薬の使えない妊娠中のSOS精油として役立ちます。
使用する主な症状は以下の通り。

●足のつり
(夜中に頻繁に起こる足のつりは、ツライですよね~。妊娠後期は日中でのちょっとした筋肉の動きによっても起こります。)

●胃や尿器官の痙攣

●偏頭痛(これには大変効果があります)

●うつ、不安症など精神を安定させます

●つわり

●乗り物酔い


バジリコは肌に直接付けると、肌荒れを起こす場合があるので、必ず5/1以上に希釈します

※内服する場合は、妊娠4ヶ月を過ぎてからOKです。(一日2~3回)

↓↓プラナロム精油の購入はコチラからどうぞ↓↓
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
★クリック応援していただけると嬉しいです(*^^*​)/♪

10.18.2012

【メディカルアロマレシピ】妊婦さんとアロマテラピー (ティートリー精油)

優れた抗真菌性作用で知られるティートリー精油は、妊婦さんをサポートする精油です!
妊娠中の多くの症状に活躍できます。

★主な症状としては、

  • 排尿部分の炎症
  • 歯の痛み

  • 皮膚の炎症: にきび、できもの、ヘルペス、肌荒れなど
  • 呼吸器官: 咳、風邪
  • ウイルスによる炎症
  • 寄生虫(肌、消化器官)など。

他には、頭痛などにも!
多くの病気にかかっても妊娠中はどうしても薬は使えない場合が多いので、この時期体力が弱まる妊婦さんには、とても重宝する精油です。
どうぞお試しあれ♪



↓↓プラナロム精油の購入はコチラからどうぞ↓↓
にほんブログ村 健康ブログ メディカルアロマテラピーへ
にほんブログ村
★クリック応援していただけると嬉しいです(*^^*​)/♪★

10.01.2012

【メディカルアロマレシピ】妊婦さんとアロマテラピー Maternite & Aromatherapie

妊娠中のアロマテラピーについてお話します。

よく精油の処方に、“妊娠中はご使用をお避けください” と、注意書きがあるのを目にすることから、妊娠期間中はアロマテラピーはよくないの?っていうことを思う方が多いのではないでしょうか。
実は、上手く使用すれば、むしろアロマは普段の生活とまったく身体の状態が変化する妊婦さんのつらい時期を乗り越えるのに役立ってくれるんです。
しかも、妊娠中は使えない薬ばかりなので、人間の体にやさしく作用するナチュラル100%の精油がとても重宝します!

妊娠中は、ワクワクすることが多い、誕生するベビーを待つとっても幸せな時間ですよね。でもその反面、つわりや偏頭痛、腰痛、腹痛、疲れ、排出器官の不快感、うつ(マタニティブルー)など、いろいろつらい症状がでることも多いもの。

こんな大切な時期は、できればもっとワクワク&HAPPY感だけを感じられるようにしたいものですよね。

妊娠中の精油の使用は、4ヶ月を過ぎてからOKです。

妊婦さんが使ってもよい安全な代表的精油は、全部で25種類あります。
たくさんあるので時間のあるときにひとつずつ、妊娠中の主な悩みの処方を考えながら紹介していきたいと思います。
※注意事項は( )内に記載しておきます。

♪これからも、自然療法でみなさまのお手伝いをさせていただけたら幸いです♪

にほんブログ村 健康ブログ メディカルアロマテラピーへ
にほんブログ村
★クリック応援していただけると嬉しいです(*^^*​)/♪★




※こちらでご紹介しているレシピは、フランスの医療現場で実際に治療用に採りいれられているもので、一般向け薬局のカタログ小本よりもっと専門的な内容になっています。