Navi

8.08.2018

夏におすすめの精油&キャリアオイル活用法!



こんにちは。
パリは酷暑が戻ってまいりましたが、
十数年前のカニキュール猛暑に比べたらなんてことありません。

熱中症には十分にお気を付けて、
お元気にお過ごしくださいね。

   ・.。*.・:☆*:・。:*:・。★*゜.・:☆*

この季節は、夏休みやレジャーなど、
外での活動が盛んになって、
楽しみも増えますが、
突然のトラブルも発生やすくなりますね!

緊急事態に役立つ、この夏にあったら便利な、
家庭の薬箱に必須のアロマオイルと、
その活用法をお伝えします☆




┌────────────────────────────────
◆ プラナロム ラベンダー・スピカ BIO

夏といえば、、、 
ラベンダー・スピカ精油がとっさの時に、
一番役に立ちますね。
回復力は、まさにミラクル級です!!

虫刺され(蚊、蜂、ブヨ等)やくらげ、
動物に噛まれたとき、
転んだりすり傷に、
日焼け火傷のケアにも。
汗かきさんにもGOOD。

ササっとひと塗りするだけ!
優れた抗炎症作用によって、
治りを早くしてくれます。

お子様にも使えますし、
少量なら幼児でもOKです。

特に子供は大人と比べて、
夏の虫刺されにより痒みや腫れの反応が起こりやすいので、
「発疹」や「しこり」、「かき壊し」となってとても危険!!

我が家でも、こどもが野外活動で、
足裏から顔まで、
全身コレクションというくらい
たくさん蚊に刺されておりますが、
ラベンダースピカのお陰で、
痒みもすぐに引いて、跡もできず、
助かっています~(^^♪


また、この精油は日焼け後のケアにも活躍!

しっかり日焼け止めクリームを塗っているのに、
いつの間にか焼けてヒリヒリしてしまうことってよくありますよね!!

日焼けしてしまった後のお手入れには、
ラベンダースピカ精油35滴を、
カレンデュラオイル50mlに希釈したブレンドをサッと塗布すると、
皮膚の炎症を抑えて、
治りを早くしてくれますよ。

私は、ロールオンのボトルに常備して、
いつも持ち歩いています。





┌────────────────────────────────
◆ プラナロム ペパーミント BIO

・長時間の運転による疲労頭痛乗り物酔いなど、緊急時にかなり役立つ精油!
 →こめかみに1滴、塗布します。

嘔吐吐き気消化不良二日酔などに。
 →吸い込んだり、1滴を直接舌にのせて飲み込みます。


┌────────────────────────────────
◆ プラナロム ヘリクリサム BIO

打撲、あざ、たんこぶ、すり傷、浮腫に!
 →1~2滴を直接患部に塗布します。

筋肉痛や、関節炎の痛みに!
 →アルニカオイル50mlに、
  ヘリクリサム精油10滴をブレンドしてマッサージ。


┌────────────────────────────────
◆ プラナロム ティートゥリー BIO

吹き出物、にきび、歯の痛み、口内炎、すり傷、
    ヘルペス、寄生虫など、、

 →すり傷の消毒には、直接2滴。
  皮膚の炎症には、3~4滴を患部に塗布。


┌────────────────────────────────
◆ シトロネラ・ジャワ BIO

虫除け、虫刺され、かゆみ止め

・蚊除けに:

→10滴をディフューザーで拡散させる。 Or
  お好みのキャリアオイルと3~4滴を、
  身体の出た部分に塗布する。

関節の痛み止め、スポーツ後の筋肉疲労に:

→アルニカ or カロフィラオイル
  3~4滴を希釈して塗布する。

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。★.。:*・☆.。★.。



こちらでよく登場した
『カレンデュラ』、『アルニカ』、『カロフィラオイル』3点は、
夏に活躍するおすすめキャリアオイルです!

┌────────────────────────────────
 プラナロム カレンデュラオイル BIO


┌────────────────────────────────
◆ プラナロム カロフィラオイル BIO


┌────────────────────────────────
◆ プラナロム アルニカオイル 抽出油 BIO


ご家庭の薬箱にどうぞ!

アロマを上手に活用して、
快適な夏をお過ごしくださいね☆
★情報発信★ フランス発オーガニック&メディカルアロマ専門店

6.11.2018

植物の新芽エネルギーが濃縮された『ジェモセラピー』!



『ジェモセラピー』は、樹木や低木の新芽やつぼみ、胚組織を使用する植物療法分野の一つで、
”植物の新芽エネルギーが濃縮されたフィトテラピー(植物学)のレメディ”です。

植物の成長の鍵となる遺伝子情報が胚組織に構成され、

エネルギーと活力の宝庫となっている新芽やつぼみを、
水や有機アルコール、植物性グリセリンと混ぜ合わせ、
新鮮な状態で抽出させた液体を飲みます。

当店では、品質と安全性において世界的に最も評価されている

『ハーバルジェム社』の製品を取り扱っています。

新しいジェモ達も続々入荷して加わりました♪
詳しくは、ジェモセラピーのページを覗いてみてくださいね!


◎<ブレンド濃縮タイプ>と<植物単体タイプ>を2種ご用意しております。
それぞれ、気になる”症状別”からもお選びいただけます。



*.。*.。*.。*.。*.。*.。*.。*.。*.。*.。*.。*.。*.。*.。*.。*.。
◆ブレンド濃縮  ・・・3種類ほどの新芽エキスをブレンドしたタイプ
http://www.langebio.com/shopbrand/ct392/

◆単体植物別  ・・・1種類の新芽エキスから成る単体タイプ
http://www.langebio.com/shopbrand/ct392/

*.。*.。*.。*.。*.。*.。*.。*.。*.。*.。*.。*.。*.。*.。*.。*.。

>> ジェモセラピー製品一覧はこちら >>


※ハーバルジェム社の製品は、厳しい欧州、フランス政府認定機関より有機認証されています。


精油を飲むことに抵抗がある方、もっと穏やかな植物療法をお試しされたい方に、
是非おすすめです☆



『ジェモレメディについて』は、こちらのページも合わせてご参照ください♪
  ↓   ↓   ↓
■ ジェモセラピーとは?
■ ジェモレメディの選び方
■ ジェモレメディのご使用方法
■ 注意事項



>> ジェモセラピー製品一覧はこちら >>

 ジェモセラピー



★情報発信★ フランス発オーガニック&メディカルアロマ専門店




9.27.2017

『プラナロム』の人気の秘密!



メディカルグレードの精油メーカーとして知られている
『プラナロム』についてご紹介します。

『プラナロム』の精油は、製剤研究所の認可の下に、フランスの『薬局』で売られています。
フランスには、何百社もの精油製造所業者が存在していますが、
その中でも、メディカル仕様として薬局で販売できるメーカーは、ほとんど限られています。

その代表的な精油メーカーが、
この『プラナロム』です。

フランスの製剤認可基準は、政府と業界が自分たちの地位とお財布を守ることを中心に決められている日本と違って、本当に国民の安全を守るためにつくられているため、
比較にならないほど厳しく、品質管理もかなりしっかりとしています。

また、この国では医師は “精油を処方する権利” があり
薬局では、精油を薬剤師からの適切なアドバイスをもらって選ぶことが出来ます。

特に、このような薬剤師は、薬剤師(Pharmacien)としての免許と共に、
アロマテラピーの専門資格を取得しており、
豊富な知識で、現在の体質や体調にあったものをすすめてくれます。


また、医者に診てもらうと、精油だけでなく、
ハーブ、ジェモテラピーの処方箋を出してくれたりもします。
このような代行医療を推奨する医師も増えてきているのが嬉しいですね。

このことについては、長くなりますので、また次回ご紹介させていただきます。


精油が私たちの生活や健康にとって、とても身近な存在であるが故に、
品質をきちんと確かめて、正確な知識を持った人のアドバイスを受けながら利用するのがベストとされています。
もちろん個人でも買えますが、その場合は、自己責任を負います。

精油は、普段お肌に付けたり、飲用したりするものですし、
ましてや、お子様やご家族、お知り合いの方にも使われるとなると、
選ぶときには、かなり慎重にならなければいけませんよね。

100%天然であるから、学名から、原産国など注意事項などが書かれているから大丈夫! 

と思うのは間違いです。
心身の治療やトラブルを改善する目的で使用するなら、
きちんとしたメディカル仕様のものを見極めて、ご利用頂くことをおすすめします。







精油は、植物ですので、産地、生育地、栽培手法、収穫方法、タイミング、蒸留地、品質管理体制などの要因によっても変わってきます。

香りの好みというのは、本当に人によってさまざまです。
味の好みよりもはるかにバラつきがあるので、おもしろいです☆

自分が好きと感じる香りに出会うために、
効能やメーカーだけにこだわりすぎるよりも、
自分の感性や感じ方を信じて、
いろいろ試してみて頂ければと思います。


今では私の大きな精油箱は、質と香りの良さを自分で試して選んだ精油たちでいっぱいです♪


楽しいアロマライフにお役立てくださいね☆




★情報発信★ フランス発オーガニック&メディカルアロマ専門店



9.06.2017

フランスのストレス事情!?


パリは最近秋晴れに恵まれた日々が続いて、
やっと、今週からヴァカンスが終わり、仕事、新学年の始まりです。

フランス人が、人生で情熱を注いで大切にしていること、、、
それは、  と ヴァカンス

夏の間、ガッツリと休みをとるフランス人は、
ヴァカンスが終わることに、異常なほどにストレスを感じます。

こちらは休みも終わり、やれやれ。。。と感じているのに、
ヴァカンスが終わる前から、もう、次の計画を立てるんです。(・・;)
それに注ぐエネルギーには、本当にいつも感心します。

ヴァカンスばかりで、さぞかし優雅な暮らしをしているように見えるパリジャン!
ですが。。。
そんなパリジャンの日常は、実は不満とストレスだらけ。

しっかりと休んで、残業もなく、ランチは2時間とり、
大して働いてもいないのに、
いつも、忙しい、忙しいっ!というのが口癖。

カフェは仕事から逃避する場所で、
たっぷりと時間をかけて、論議を楽しみます。
そこでも不満タラタラ。。。(*ο)з

サービス、という言葉は、

この国では存在しないと冗談で言われるくらい、
愛想が悪く、お客さんのことは二の次で、
自分の主張をとおして、不愉快に文句を言う。

フランス人が、街の至る所でイライラして、
怒りのエネルギーを発散させまくっているのを見るのも、ありふれた光景。
さらに、自分の不満を使って、見知らぬ他の人を巻き込むのも大得意なんです!

いつも自分の主張を言い通している人たちの集団なのに、
どうして、ストレスがたまるのっ???!って思うんですがね。。

実は、フランス人は、ストレスに弱い国民なんだそうです。

精神的な病、うつ、ストレスをケアするために頼る薬の摂取量は、
この国は、なんと世界第二位!

弱いが故に、外に思いっきり発散しながら、解消しているようです。(^_^;)
周りはタイヘン迷惑なんですがね・・・。
でもそんなことはフツーの行為なので、みなその環境には慣れています。
(私もよくその被害にあってます~)


そんなこの国では、
9ストレス度がピークに達する時期

それと戦うための方法が、
ニュース、新聞、雑誌など、至る所で紹介されています。


自然療法が大好きなフランス人が、
日常的に愛用しているアロマテラピーも、
よく話題となるひとつ

精油の力を上手に使って、この時期を快適に過ごす工夫をしてるんですよ
その、いくつかをご紹介します。

ディフューザーや、アロマバス、塗布したりと、お好みや症状に合わせてお選びくださいね。


 .*.:*:・。:*:


<柑橘系の精油>



柑橘類は、感情のバランスを整え、穏やかに落ち着かせてくれる
抗ストレスには優れものの精油が揃っています!




・プチグレン・・・精神的ストレス、緊張をほぐしてくれます。
http://www.langebio.com/shopdetail/002006000011/002/006/X/page1/brandname/

・ベルガモット・・・中枢神経系を静めます。
http://www.langebio.com/shopdetail/002006000022/002/006/X/page1/brandname/

・マンダリン・・・安らかな安眠を促すのに役立ちます。
http://www.langebio.com/shopdetail/002007000005/002/007/X/page1/brandname/

・柚子(ユズ)・・・血行促進作用があり、自律神経のバランスを整えます。
http://www.langebio.com/shopdetail/000000002245/002/008/X/page1/brandname/


 .*.:*:・。:*:


<ラベンダー精油>





抗ストレス剤として、何世紀にも渡って知られている必須の精油です。





真正ラベンダーには、プラナロムから発売された、
香りも効能もよりパワフルな、AOP認定の真正ラベンダーもおすすめです。
http://www.langebio.com/shopdetail/000000002744/002/009/X/page1/brandname/


 .*.:*:・。:*:


<ローマン・カモミール精油>



怒りや、攻撃性などの行動障害、過度のストレから解放し、
落ち着かせるのに役立ちます。



おおっ!これは、フランス人には必須ですねっ!

ローマン・カモミールは、赤ちゃんのリラクゼーション用にも、お使いいただけます。
優しくしっかりとサポートしてくれる精油です。
http://www.langebio.com/shopdetail/000000001329/002/002/X/page1/brandname/


アロマを上手に取り入れながら、
実りの秋を、楽しく過ごしていただけたら嬉しいです

★情報発信★ フランス発オーガニック&メディカルアロマ専門店


6.15.2017

手作りアロマで汗の臭い対策を!【アロマテラピー活用術】


この高温多湿の汗ばむ季節は、
不快なワキ汗の臭いや、足の臭い、加齢臭が気になりますよね。
そんなときは、ナチュラルな精油の力を借りてみませんか?

強力な制汗作用のある市販の制汗剤には、
実は、肌荒れ、がんやアルツハイマーなどの原因になる、
塩化アルミニウムが含まれているものが多いので、あまり使わない方がいいんです。

抗菌効果に優れた上質な精油を活用して、
ご自宅で簡単にできあがる、
肌に刺激もなく、香りも素晴らしい制汗剤をご紹介します。

夏の汗による皮膚トラブルの軽減や緩和にも役立ってくれて、
他人へのエチケットだけでなく、
使っているご自身もリラックス効果でかなり癒されますよ! ^-^
スキンケア効果も取り入れることができて、一石二鳥です

………………………………………

1.【デオドラント スプレー】

ネロリ、ミント、レモンバーベナなどのハーブウォーター … 100ml
http://www.langebio.com/shopbrand/007/X/
ローズ・ゼラニウム精油 … 15
http://www.langebio.com/shopdetail/003000000017/drvalnet/page1/brandname/
サイプレス精油 … 15
http://www.langebio.com/shopdetail/003000000010/drvalnet/page1/brandname/
セージ精油 …15
http://www.langebio.com/shopdetail/003000000007/drvalnet/page1/brandname/

混ぜるだけでOK

汗をかきやすい部分にたっぷりとミストを吹き付けて、お肌から吸収させます。
携帯用スプレーボトルに入れて、持ち歩くのにも便利です
使う前にはよく振って混ぜてくださいね。

………………………………………

2.【パウダー制汗剤】

ホワイト・クレイ大さじ3
http://www.langebio.com/shopdetail/012001000003/argiletz-color/page1/brandname/
食用重曹大さじ1
http://www.langebio.com/shopdetail/000000003245
パルマローザ精油 … 10
http://www.langebio.com/shopdetail/002006000006/002/006/X/page1/brandname/
ローズ・ゼラニウム精油 … 10
http://www.langebio.com/shopdetail/003000000017/drvalnet/page1/brandname/

こちらも混ぜるだけでOK

パウダー用スポンジやブラシで、毎朝汗の気になる部分に塗布すると、
スキンケアしながら、過剰発汗を防いでくれますよ。

………………………………………

3.強力な足の臭いに!


【ひんやり感触ミントの足用デオドラント】


レモンバーベナ・ハーブウォーター大さじ3
http://www.langebio.com/shopdetail/007001000024/007/001/X/page1/brandname/
パルマローザ精油 … 18
http://www.langebio.com/shopdetail/002006000006/002/006/X/page1/brandname/
ペパーミント精油 … 10
http://www.langebio.com/shopdetail/002006000016/002/006/X/page1/brandname/
無水エタノール(またはお好みのハーブウォーター)大さじ3

→50mlサイズのスプレーボトルに入れて、混ぜるだけ!

足に直接塗布できますし、
また、多汗症の方は、靴の中にも塗っておくこともオススメです。
妊娠中は使わないでくださいね。

.*.:*:

臭いに影響されやすい私たちの脳は、
不快かそうでないかを、反射的に判断したがります。
臭いの元は、汗そのものではなくて繁殖する雑菌のしわざ!
汗自体は、人間に必要なステキな新陳代謝なんです。

夏こそ、汗をたっぷりとかいて、代謝をさらにアップ!
アロマで賢く制汗対策を行いながら、
疲れた肝臓をお休みさせてあげましょう。



★情報発信★ フランス発オーガニック&メディカルアロマ専門店