Navi

5.15.2012

粘土療法 クレイでアトピー性皮膚炎の治療 l'argile pour eczema




小さい頃から超敏感肌で、さらにアトピー性皮膚炎(アレルギー性皮膚炎)でした。
皮膚科に何度通っても、体調や気候によってすぐに再発生を繰り返し、手はいつも荒れて通常の生活ができないため、包帯でグルグル巻きにして手作業をしたり、顔はメイクでカバーすればするほどかゆくなってどうしようもない状態

夏は湿気で、冬は乾燥でかゆみがとまらずいつもタイヘン。
ア トピーに良いとされる食事療法や運動療法をいろいろ試し、皮膚科には頻繁に通い、いろいろ医者も変えましたが、どこも同じで皮膚のバッチテストをして、抗 生物質、ステロイド剤が処方されるだけ。薬に頼らなくてはできない生活になり、もっと怖いのが、これらの薬の依存症になるということ
強力な薬で眠くなって集中できないし、身体にもっと負担がかかり、皮膚もどんどん弱なる一方でした(>o<) 

ところが、薬の存在しなかった時代から、クレイが皮膚治療や体質改善、様々な病気の治療に使われているクレイの本場であるフランスにきてから、様々な情報を入手することができ、クレイでアトピーの治療が盛んに行われていることを知り、自分でも実験してみたくなりました。


フランスで入手できる良質のクレイで湿布やマスクをするようになってから、アトピー性皮膚炎の炎症がみるみるうちに消えていったのです~ヾ(*^v^)/♪

美肌どころか、フツーの状態の肌を持つことに完全にあきらめていたのに、クレイのお陰で、化膿していたいつも痛かった肌が、信じられないくらいじょうぶになり、美肌を持つことを実現!

いまでは完全に抗生物質、ステロイド剤に全く頼らなくてよい生活になりました。
クレイのおかげで~す!! (^o^)/

健康の普通の肌ってこういう感じだったんだ~と感激する毎日。
お肌の状態が良いと、気分も明るくなります

皮膚トラブルにお悩みの方は、クレイを試してみるのもひとつの方法だと思います。
フランスには、薬を飲み続けても治らなかった皮膚の炎症が、クレイを使ってよくなったという例がたくさんあります。

クレイを使うと、トラブルの原因となっている菌を除去し、皮膚のバリア機能も高め、正常な状態に戻してくれます。

クレイの強力な吸着作用により毛穴の有害な物質や、毒素、余分な皮脂や角質、菌まで吸着し、皮膚に大切な要素はそのまま残しながら、きれいに取り除いてくれます。
このすごい除菌作用で、アトピーやにきび、トラブル肌に高い効果をあげるといわれています。

日本ではまだ臨床の現場でのアトピー性皮膚炎の治療法がみつけられていないとのこと。
黄色ブドウ球菌の多数発生による炎症を抑えるための治療方法が改善されつつあるものの、昔からの日本の政府と製薬会社のあやつり?で患者を薬に頼らなければいけないような方向性で開発が進められる傾向があるので、すぐには期待のできる結果はでないでしょうね

クレイは様々なお肌のトラブルに効くといわれていますが、どのクレイがアトピー肌によいのか、一般的にはお顔を治療されたい場合は特にピンククレイ(医療&化粧品グレードの超微粒子タイプ)がおすすめです。
ピンククレイは敏感肌、赤ちゃんのお肌にも使えます。

身体部分の湿布やクレイバスには、グリーンもよく効くとされています。

個人差がありますので、たくさんあるクレイの中から自分にあったクレイを見つけましょう。

クレイは、皮膚炎症の治療だけでなく、美肌づくり、美白、血行促進、リンパ循環の向上、デトックスにも役立ちます。

私はいつもお肌や髪のケアには、全身のリラクゼーションとデトックスに
クレイは欠かせず、さらに補給として、必要な場合に体調やお肌の状態に合わせて精油の力を借りています。
クレイと精油との相乗効果でさらに効果がアップします♪

 

にほんブログ村 健康ブログ メディカルアロマテラピーへ
にほんブログ村
★クリック応援していただけると嬉しいです(*^^*​)/♪★


世界シェアNo.1 医療&化粧品グレードのフレンチクレイはこちらでご紹介しています。
                            

★情報発信★ フランス発オーガニック&メディカルアロマ専門店
ランジェビオ L'ANGE BIO